アメリカのお菓子の本をパラパラ見ていて、このタイトルを見たときは「まさか、いくらなんでも!」って思ったのですが、ページを開いてみたら、やっぱり普通のジンジャーマンクッキーの作り方が載っていました。
(予約投稿です。コメントのお返事と前後するかもしれませんがご容赦ください)


日本でも放送禁止用語とかでメ○ラ判とかまで禁止されると日本語が不自然になってしまうという話を時々聞きますが、英語でよく取り沙汰されるのが、[man]という表現。


Chairman (議長)がChairpersonになったり、MankindがHumankindになったりというのはよく聞く。文章中で単数の人称代名詞を使う場合、性別が不明に場合は、少し前までは女性形のSheとかHerで受けるのが無難とされていた気がするのだけれど、最近は、性別の指定を避けるためにわざと複数形のTheyで受けたりする。

でも、どうしても置き換えがしっくりこない言葉ってあると思う。
man-hour はpersno hourとかにするとなんか吹き出したくなる英語になっちゃうし...

と思っていた矢先のGinger People Cookies!
Politically Correctっていう気持ちはわかるけれどねえ。

ジンジャーマンクッキーってあの男の子(デコレーションで女の子にもなるんだっけ???)の」形をしたクッキーと呼び名がかわいいのに、これがGinger Person Cookiesになっちゃったら、なんか大人に人みたいで、あの子供の形のクッキーのイメージがなくなってしまうって思うのは私だけでしょうか?

↓ ご訪問いただきましたありがとうございます。お帰りの前にポチッとクリックしていただけると励みになります。
banner2.gif
人気ブログランキングへ

↓ よろしければこちらもクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ